壮一郎オフィシャルブログ

国はクレジットクランチ対策を

今日は、衆議院会館、参議院会館で仕事です。

日経平均が歴史的大暴落。24000円から急落で、18500円あたりで売りの買い戻しと、一時的な買い戻し狙い戦略だったが、今日の午前に17000円割れ。ここからは、GPIFが買うのでしょうが、1月後半から「暴落が来るぞ」注意喚起していた散々たる状況。

リーマンショック級というのはこういう事で、「これはコロナショックではなく、Fedバブルの崩壊であり世界的なクレジットクランチという信用収縮なんだと、対処は金融政策だけではなく、需要喚起出来る消費減税と内部留保、資産課税なんだ」と、朝からお会いする財務金融委員会所属の議員の方などに色々とお話ししています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP